家族にバレずに借金返済した方法を解説!

家族にバレずに借金返済

家族にバレずに借金返済したい
「債務整理したいけど家族にバレたくない」

 

と思っている人も多いと思いますが、ちゃんとした方法を使えば、家族にバレずに借金を解決することは十分可能です。

 

実際に私も、300万円くらいあった借金を、家族にバレずに無事に完済できています。

 

このページでは、その具体的な方法について、私の経験を交えながら解説したいと思います。

 

 

私が借金返済で苦しむようになったきっかけ

最初は数万円のキャッシング利用から始まりました。

 

飲み会で後輩におごるのに、小遣いでは足りなかったので、ある時に数万円をキャッシングで借りました。

 

ただ、それがあまりに便利だったので、それからもドンドン使ってしまったんですね。。。

 

恐ろしいもので、気がつけば複数の消費者金融で計300万くらいの借金を抱えていました。

 

それが10年ほど前の状況です。ただ、当時は普通に返済できると思っていました。

 

突然のリストラから借金地獄へ

家族にバレずに借金返済

しかしその後、会社が不況のあおりを受け、私はリストラされてしまいました。。。

 

その当時、私と同じケースで借金地獄におちいった人は多かったのではないかと思います。

 

その後、すぐに再就職先は見つかったのですが、以前よりも給料が大幅にダウンしてしまい、毎月15万円ほどの返済額は非常に厳しいものでした。

 

毎日、借金のプレッシャーとの戦いでしたが、数ヶ月でメンタルの限界を迎え、自己破産をリアルに検討し始めました。

 

ただ、私の妻は過去にうつ病になったことがあり、「妻には絶対に心配をかけたくない」という気持ちがありました。

 

自己破産しなくても済む?

家族にバレずに借金返済

そんな時に、ネットで「自己破産しなくても借金減額で解決できる」という記事を見つけたんですね。

 

弁護士さんが書いている記事でしたが、当時の私にとっては救いの手でした。

 

いくら減額できるかをシミュレーションもできるということだったので、早速シミュレーションしてみたところ、「150万円の減額が可能」との結果が出て、目を疑いました。

 

なので、それからすぐに法律事務所に電話相談してみました。

 

妻にバレずに借金返済することは可能ですか?

電話相談の際に、「妻にバレないように借金返済することは可能ですか?」と質問しました。

 

そうすると、「任意整理で大幅に減額できそうですし、奥さんにバレずに返済することもできますよ」という回答でした。

 

私としては「もう自己破産しかない」と思っていたのですが、実際にはそこまでする必要はないようで、本当に「助かった〜」という思いでいっぱいでした。

 

ちなみに、その事務所で聞いたところによると、借金で悩む人の大半が、自己破産までする必要はレベルらしいです。

 

最終的には140万円の借金減額に成功!

家族にバレずに借金返済

で、その任意整理をしてみた結果、実際に140万円を減額できました!

 

減額のシミュレーションの時点では「150万円程度の減額」との結果でしたが、それにほとんど近い減額に成功しました!

 

成功したと言っても、私は何もせずに結果を待っていただけなので、何も手続きはしていません。

 

「こんなことならもっと早く依頼しておけばよかった」と思いました。

 

それからは、月々の返済も4万円のペースでOKだったので、かなり楽になりました。(15万円と4万円では天地の差でした)

 

また、妻にも一切バレることもなく、本当に助かりました!

 

今ではすでに完済していますが、そんな今でも妻や子どもたちは、私が任意整理をしたことを知りません。

 

家族にバレずに借金返済する方法のまとめ

家族にバレずに借金返済

以上が、私の実体験になります。

 

もし私と同じように「家族にバレずに借金返済したい」という方がいたら、以下の2点をおさえておけばOKです。

 

  1. いくら減額できるかの目安を把握しておく
  2. 「バレないように進めてほしい」と伝えておく

 

この2点をおさえておけば、家族にバレずに借金を完済できると思います。

 

ちなみに、いくら減額できるかをシミュレーションするには、ネット上のシミュレーターが非常に便利です。

 

無料・匿名で診断できるので、まずはそれを利用してみてください。

 

また、シミュレーターの最後に自由記入欄があるので、そこに「家族にバレないように解決したい」と記載しておくと、より安心かと思います。

 

→ どれくらい減額できるか診断してみる(無料)

 

 

 

 

TOPへ